2007年02月18日

教育の危機「救うのは母親」 日本女性の会会長・小野田さん津で講演

【教育再生へ母親の役割の重要性を訴える小野田会長=津市鳥居町の県神社庁で】
【編注】P横デジ/※写真暗いので、明るくして使ってください◎  「誇りある国づくり・人づくり」を目指して活動する日本会議三重(佐野方比古会長、会員数約三百五十人)と「日本会議三重日本女性の会設立準備委員会」(古海玲子代表)は十六日、津市鳥居町の県神社庁で「小野田町枝・日本女性の会会長を囲む会」を開き、小野田会長が講演した。小野田会長は「母親がしっかりしなければ日本の教育は立ち直らない。崩壊寸前の教育の危機を脱していただくのが母親(の役目)だ」などと訴えた。

 小野田会長は、元日本陸軍少尉で戦後約三十年間にわたりフィリピン・ルバング島に潜伏した夫・寛郎氏とともに、日本の青少年の健全育成のため「小野田自然塾」を開設。昨年十二月に日本女性の会会長に就任し、全国各都道府県への同会支部設立を目指し、今月から全国行脚している。

 小野田会長は青少年問題をはじめ日本社会の荒廃を憂慮し「社会が悪い、マスコミが悪い、学校が悪いと言っているときではない。自分の子は自分で責任を持つ。子どもをしっかり抱きしめてあげてほしい」と母性発揮の必要性を強調した。

 その上で「夫婦別姓は家庭の崩壊。前回法案が出たとき、三百五十万人の署名を集めて阻止した。また法案が出てくるだろうが、本気になって反対しなければならない」と、別姓を求める女性団体の動きをけん制。小学生に対する「行き過ぎた性教育はやめてほしい」と過度のジェンダーフリー教育反対も訴えた。

 さらに「日本女性の会が日本を動かす原動力になりたい。良識ある女性が一致団結して声を上げれば日本の国は変わる」と、同会加入を呼び掛けた。

 日本女性の会は、日本会議の会員女性で構成。日本会議は皇室の伝統を守る▽憲法・教育基本法改正▽英霊の追悼・顕彰▽国防意識の喚起と自衛隊任務への支援・激励▽過激なジェンダーフリー行政の是正―といった国民運動を展開。神社界を元に、宗教界、道徳団体、経済、学術、政治の各界の人ら約三万人(うち超党派国会議員二百五十人)でつくる。

 日本女性の会は平成十四年に発足し、家庭教育の充実や学校教育の正常化などを目指して活動。全国四県で支部ができており、三重県内は九月の支部設立に向けて動いている。

 会場には、小野田会長の話を聞きたいと県内各地から五十六人が集まり、講演に耳を傾けた。終了後すぐ入会を申し込む人もあった。
http://www.isenp.co.jp/news/20070217/news06.htm

私の中で、三重の『教育』といったら・・・地元じゃなくてよかった〜。と、いうくらいヤバイ、イメージだったんですが、こういう方が活動してくれることで、一筋の光明がみえるかもしれません。
学校や国に過度の期待せずに、わが子の教育は親がするという意識が大切ですものね。
こういうサヨク教師の巣窟のような県に、こういう保守的な教育者というのは貴重です。

日教組組織率全国一位の三重県
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/776.htm

新田均先生のコラムブログ
http://nittablog.exblog.jp/m2006-09-01
posted by るる at 16:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 教育・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。