2007年01月26日

日韓掲示板ネタ45

注まで読もう
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=74962
朴容寛さんのデンパは、面白いね。出雲<いずも>の語源は、韓国語の「イッチマ」ニダ〜。ワロタ

『日出<ひ・いずる>国、日本』という言葉は有名だと思いますが・・・・、出<いず>という読み方もしらないなんて、そんな無学でいいのかなぁ・・・。

ある在日の話 【講演会にて】
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=1818524

日帝時代は実は幸せだったと聞きました
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=75571





これはお爺さん 70歳誕生日(喜寿)宴の時 chuo大学韓国同門会


我家の写真アルバムを見れば , お爺さんが日帝時代に日本人と撮った写真が多くて初めに見た時は狼狽して恥ずかしかったりしました.



そしてどうしてお爺さんは日本人と親しく過ごしただろうか... もし人々が 悪口を言う親日派ではなかっただろうか..



それでこの前小さい頃に お爺さんに勇気を出して問って見たことがあります...



お爺さんはどうして日本の 巡使(警察) 公務員軍人など, 韓国人を弾圧して苦しめる人々と 笑いながら写真を撮って そんな人々と親しく過ごしたかと... (酷い目に会う覚悟をして真剣に問って見ました;;)



するとお爺さんが笑いながら実は日帝時代は朝鮮王朝が統治した時よりずっと幸せだったと言いました.. いろいろおっしゃってくださったが. まず医療技術が発達されて人々が病気の苦痛で解放される長く住むことができるようになったし.. 教育の機会が多くなって多くの人々が学んで豊かになることができたとおっしゃいました. その外も多いがよく覚えないですね ^^;



学校で先生が教えてくれたことととても違って, 幼い心に私はまた問って見ました.

日本人が韓国人を強制に徴用して酷使させたと... 慰安婦も作ったと... 独島も言い張ると...



お爺さん頃では韓国人強制徴用は知られたこととは違うと言いました.. 善良な人をわがまま強制に連れて行って徴用したのではなく, 死囚や強力犯罪者その外の犯罪者たちをジングヨングトに送ったと言いました. もちろん強力犯罪者たちの人権も重要だとなさりながら , ただその当時と今の人権は次元が他のことだおっしゃいました..



慰安婦問題は正確に分からないと言ったし, 独島は確かに我が国の地だと言いました. 日本だった韓国だった外交は自国利益が最善だから負け惜しみを言うことだと言いました.



あらゆる対話を交わしてから最後に私がお爺さんに我家は日本人と親しく過ごしたから親日派でしょうか? して問いました. するとお爺さんは..



親日派と売国奴は他のことだと言ったし親日が悪いのではないと言いました. その当時に韓国民族のためな最善の道は自分の位置で最善をつくして, 現実と 自分の位置を 認めて日本人から先進文物を学んで自分の物で作ることだと言いました.

また当時には大部分が親日だったし tvにナオヌンゴッのように 大多数人々が独立万歳をしなかったと言います;;



また無駄な自尊心で自分の位置と現実を否定して日製社会から離脱して教育の機会と近代社会への融化を拒否して独立万歳することが最善ではないと言いました.



お爺さんは日本 chuo大学法学科を卒業したし多くの事情で願った日本の弁護士はなることができなかったが解放の後政務職高位公務員で 働きました. 大韓民国の基礎を作った人々は大部分日本の大学で教育受けた人々だと 分かっています.



幼い頃はお爺さんとの対話がよく理解されなかったんですが今考えて見たら親日が無条件悪いことではないと思われます.また日帝時代が言論に出ることのようにそんなに 凶悪だったのではないと推定されますね;;



ネイバー遊びに来ている途中今日急にお爺さん思い出して.. 長文読んでくれてありがとうございます ^^


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういう一般の生き字引的な韓国人の話は知りたいですね。

韓国劇的 before after
http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html
posted by るる at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日韓掲示板ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32171384

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。